どの物件をお探しですか?

  • 新築戸建
  • 中古戸建
  • マンション
  • 土地
  • 事業併用住宅・収益物件

地域から探す

路線から探す

大阪府

返済金額から探す

更に詳細な条件で検索

  • ご購入の流れ
  • ご売却の流れ
  • 当社の建築工程
  • リノベーションのご相談
  • ZrSېӔCی
  • sY̔ւ
  • T[rX

無料査定のお申し込み・お問い合わせ

無料査定フォームへ

フォームでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

06-4706-4464

受付時間

買替え

自宅を売却し、次の家を買う。
いわゆる『買替え』を成功させる!

「先に売る」か「先に買う」かを決める

「家が売れてからでないと、住み替えってできないのでは ?」
「先に次の家が決まってないと、不安で売りだせない…。」

不動産の買い替えで重要なのは、「売却」と「購入」のタイミング。
どちらを先に始めるかが決まれば、買い替えは成功したも同然 ! それぞれのメリット・デメリットを比較して、あなたにとってどちらが良いのかを考えてみましょう。

先行売却型

自宅を先に売る

先に自宅を売却してから、買い替え先の物件を探し始めます。

流れ

メリット
自宅の売却期間にゆとりがあるため、売り急ぐ必要が無い。
デメリット
買い替え先の物件を探す期間に限りがあるため、見つからなければ賃貸に仮住まいが必要になる。

こんな人が先行売却を選んでいます。

買い替え先の物件を購入後、自宅が売れなくて、ローンが二重になるのは支払いが苦しい。

時間がかかっても、納得のいくできるだけ高い価格で自宅を売却したい。

先行購入型

買替え先を先に買う

先に買い替え先の物件を購入してから、自宅の売却を始めます。

流れ

メリット
買い替え先の物件を探す期間にゆとりがあるため、気に入る物件が見つかるまでゆっくりと探せる。
デメリット
自宅の売却期間に限りがあるため、売り急ぐ必要がある。売れなければ二重ローンになる可能性もある。

こんな人が先行購入を選んでいます。

本当に気に入る物件がなければ買い替えはしたくない。

自宅のローンはすでに完済している。

売却金額がローンの残額を下回っても買い替えは可能!?

自宅の売却金額がローンの残額を下回る場合、住み替えローン(買い替えローン)を利用することで買い替えが可能になります。

住み替えローン(買い替えローン)とは、「買い替え先の物件の購入資金」と「自宅のローンを返済するための資金」を合わせて借りられるローンです。売却金額がローン残額を下回る場合も、このローンを使えば買い替えが可能になります。

もちろんローンを組むには金融機関の承認が必要ですが、事前にローンの審査を受けることも出来ます。

お問い合わせ

メールフォームでのお問い合わせはこちら

フォームでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ


ページの先頭へ